■ スポンサーサイト
--年--月--日 (--) 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
# | --/--/-- --:-- | スポンサー広告 | |
■ ガクブルワクテカ論争
2010年02月27日 (土) 編集 |
なんてっか、流行ことばをあちらこちらに散りばめればカウンタ回るんなw
なうーとか言ってたらいいんだろか。別にどーでもいいけど。

金曜の夕方の授業の講師はIせんせいと言って、とても品の良いおばさまです。
すらりと背が高くてスタイル抜群、ショートヘアーでかなりの小顔。
もちろんおばパーなんぞかけてない。
お洒落で優しくて可愛くて、それでいて頭がキレる憧れのせんせいに、
今日、あろうことか、
「グッジョブ!!!」
と、言われた。

言ったんじゃない。

言われたのだ。

びっくりした、かなり。

よくよく考えればグッジョブぐらいは最近はリアルに浸透してるけど、
まさかあのIせんせいが口に出すとはおもわなんだ。
シーンは、わたしが帰ろうと思ってエレベーターで一階に下りて、
正面玄関は閉まってるから裏口に回ってドアを開けた瞬間に「あー傘忘れたし」ってなって、
教室に取りに戻ったらまだせんせいがひとりで帰り支度をしていらして
周知の通りの美人講師なだけにじゃっかん緊張気味で
「傘忘れちゃいましたぁ!あーはん」と照れ笑いしたところでまさかの

「あ!わたしも忘れるところだった!GJ!!!」

(グ、グッジョブ、だと!?)

帰りの電車の中でずっと、
Iせんせいの「GJ!」とゆってぃの「きょう~れつぅ~!」が頭から離れなかった。
強烈なインパクトだった。
ひそかにますます好きになった。

ネット用語をリアルで使うのは痛いって言われ勝ちだけど
(まーグッジョブはもはや市民権得てるかもだけど)、
なんというか、かわいいは正義というか、
結局のところ、美人はなにしても許されるってことですね。わかります。
スポンサーサイト
# | 2010/02/27 00:43 | 未分類 | |
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。