■ スポンサーサイト
--年--月--日 (--) 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
# | --/--/-- --:-- | スポンサー広告 | |
■ 脳髄イグザミネーション
2010年02月10日 (水) 編集 |
ちょっっ・・・やだぁっ・・・
乱れ過ぎっっっ・・・///

まさか世界のういんどーずでもこんなことになってるたぁ、夢にも思いませなんだ。
これってあたしのせいなの?違うよね?
しょーがないから元に戻すお;;ちょーかわいーのに、残念すぐる。

そーゆーわけでまーこんなあらさーにもなって50音図を手作りするとは思わなかった訳だ。

市販のでもいいよ!でも、「あ・ありさん♪」とか書いてあるやつはやめてね!
って先生は、つましそんなクソ素っ気ない50音図なんてそこらへんにゃー売っちゃいないって、
分かってて言ったと思うんだよね。
だって普通こういうのは子どものためのものだもの。
ちょっと頭ひねらして、外国人だって使うかも、とかそういう融通の利くことにはならなかったらしい。
横浜、渋谷、あちこち名だたる本屋を彷徨った挙げ句、
100均のB紙に手書きと相成った。
び、びんぼくせー。

jpg.jpeg

どーでもいいが、ひらがなの「はね」とか「とめ」ってちょーむずい。
ひらがな初見の外国人に至っては、フォントの違いによる揺れや誤差に対応できず、
「き」とか「ゆ」とか「ふ」を筆頭に、もうほとんど理解できなくて大変なことになってしまうらしい。
まーそう言われてしまうと、それでも学ぼうという飽くなき意欲にはほんとに頭があがらないわけですが。
スポンサーサイト
# | 2010/02/10 00:25 | 未分類 | |
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。