■ スポンサーサイト
--年--月--日 (--) 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
# | --/--/-- --:-- | スポンサー広告 | |
■ 金利ダブルアップ
2008年10月28日 (火) 編集 |
夢と夢をつなぐ一万円札。
こんな端金で全てに片が付くとは思われないけれど、
それでも片棒を担う大切な一万円札。

ぜったいに手放さない、と思っていた名著たちを、
その日生きるために売ったこともあった。

自分の血肉と錯覚したあらゆるジャンルのCDも、
噛み砕けない現実を突き付けられて小銭に変えたりしたことも。

楽器だけはかけがえのない財産だと思っていた。
黒く汚れた鍵盤や、擦り切れたフラット。
とても大事にしていたのに、ねぇ、もしかしたら。
埃を被って泣いてるかも。
だから持って行って。
それから大事にしてあげて。

決定を腹に据えて、一万円札を握り締める。
たぶん、これから手に入れる一生モノはプライスレス。

熱情と結果が裏切らなけりゃ、
真珠も小判も、ダイヤモンドもいらないやい。
スポンサーサイト
# | 2008/10/28 15:16 | 未分類 | |
■ 無銭クオリティー
2008年10月25日 (土) 編集 |
もしもし。

いま、平気?

平気。どした?

いや、べつに。元気かなと思って。

ふーん。いまね、ラーメン待ってんの。

ラーメン待ってる?

ラーメン待ってる。

ラーメンと待ち合わせ?

あと、たまごも。

いまひとり?

ひとり。

体育会系?

文系。

明日試験だって?

そう、もう完璧。だから外食。前祝い。

寝坊すんなよ。

平気、どーせ寝れないから。

場所は?

どっかの高校。

迷子なんなよ。

ラーメン来たから切るね。

よろしく言っといて。

はーい。
# | 2008/10/25 22:42 | 未分類 | |
■ ヘアスタイル革命
2008年10月22日 (水) 編集 |
この相変わらずの執着のなさ。
一度まっきんきんにした髪が余りに言うことをきかないので、
がっつり成敗してやった。

もう少し、あと1センチ・・・
とかなんとかやってる内に、
ハッと気が付いたら鏡に見知らぬ少年が映ってた。
一目惚れた。

しかも直後に体重計に乗ったら、500グラム痩せてた。
痩せてた?
うん、たぶん。

こうなってしまっては、
いままで通りのひらっひらのふりっふりって訳にもいかなそう。
一向に現れなかった王子様に、自分自身でなってやる!

でもちょっと寒い。
# | 2008/10/22 22:30 | 未分類 | |
■ ビジネスマジック収穫祭
2008年10月18日 (土) 編集 |
超いかすテムプレみっけたー
ぜんぜんてんしらない感じだけどかっけーからこれにする!
下の方の写真めっちゃはみ出してるけど、細かいことは、気にしない。

かーちゃんからの支援物資は、芋とゆう、芋。
それからタマネギだの、カボチャだの、キュウリだの、、、
嫌がらせかと思うほどバカでかい段ボールいっぱい送ってくれたが、
あいにくあたしには冷凍庫とゆうつよい味方が。
これで冬を越えてみせる!
かーちゃんどうもありがとー。

実は最近ぜんぜん料理をしていない。
単純に時間がなかったりとか買い物するのが面倒だったりとかいう理由なんだけども、
夏の間中ほとんどそうめんしか食べてなかった。
ご飯炊いても、ふりかけとか。

いい加減に散らかった部屋をなんとかしなきゃって、掃除したら、
いつ買ったのか覚えが無いタマネギが冷蔵庫の脇に転がってた。
こ、これは・・・・・・・・・・・・
そうだ。
まだ前の職場辞めたばっかの頃、カレーを作ろうと思って買ってきたやつだ。

ずっとここにいたのか、お前?
返事は無いが、驚いたのはその容貌。
ほとんど変化が、ない。
芽も生えてないし、ましてや腐ってもいない。
恐ろしい。一体どんな仕掛けがあるのやら。

そういえばもう何ヶ月も前から卵が3個ほど、冷蔵庫で眠ってる。
恐いもの見たさ半分、ひよこが生まれるかも!?期待半分、
おそるおそる1個だけ割ってみた。

こ、これは・・・・・・・・・・・・・
た、食べれるかも。見た目普通の生卵。
匂いもない。
でも、さすがに気分的に・・・・・・・・・・・・・・・

捨てた。
にわとりさんごめんなさい。

事故米とか騒いでるの、滑稽だわーと思ってたんだけど、
実際目の当たりにするとさすがにひいた。
コンビニ飯が妙にピカピカなのは漂白剤で炊いてるからとか、
マグロのお刺身は鉛汚染が酷いとか、
知ったところで食べない訳にはいかないし、
トランス油とかアスパルテームとかキリが無いって、
過剰反応する人を小馬鹿にまでしてたんだけど。

どうせあたしたちの身体、
排気ガスやらタバコの煙やら、酔っぱらいの吐く臭い息やらで汚れてる。
そんなもんで出来上がってる。だけど誰だって7080まで平気で生きる。
どっかの国みたいに、平均寿命が28、9歳だったら、あたしもうすぐ死ぬんだな。
そんなことを考えながら、カボチャを甘く、甘く煮た。

すごく美味しい。

もーそれだけで、いいのになぁ。
# | 2008/10/18 21:57 | 未分類 | |
■ リフレクソロジー週間
2008年10月17日 (金) 編集 |
今月も無事に終わったかも。
いや、ある意味無事ではないかも知れないかも知れないかも。

とにかく今日は最終日、
自分の持ち件数が少なかったので、
余り時間は凄腕カメラマンTに同行させていただいた。

帰り、コンビニに寄る。
流行の甘いものに飛びつく。
カメラマンTは10円のガチャガチャ式、子供騙しのガムを買う。

「それ、すぐ味なくなりません?」
「だね。Cにゃん、味無くなったらすぐ捨てる人?」
「ですねー。すぐ捨てます。ちょっと噛んだらすぐ捨てます。
 ていうか味が無くなる前に捨てます。」
「ふーん。実はこれ、心理テストなんだなー(苦笑)」

みなまでいうな。

そんなカメラマンTは納品中、これ見よがしにいつまでもそのガムを噛んでいた。

撮り終えた写真のバックアップをとりながら、
あれやこれやと談義を交わす。
カメラマンTに懇意にしていただいているお陰で、
ライティングや色彩感、構図のセンスには少し自信のあるあたし。
いい写真をいっぱい眼に焼き付けて、
同期なんてぐんぐん突き放して行く。行きたい。希望。

料理は芸術であり、料理人は職人であるべきで、
そんな当たり前のことさえごく一部の間でしか了解を得ないとき、
思いっきりフォロー役に回されたあたしたちは、
あーでもねぃ、こーでもねぃ、と引き出し引っ掻き回して策を練る。

「なんでこれ、こっちが前になってるんですかね、わざとかな」
「まっさか、これが正しい位置だと思ってるんだよ。これはね。」
「へー。どういうセンスしてるんだろ、親の顔が見てみたい。」
「言い過ぎだね、Cにゃん、でも写真見る目はあるよね。
 これはおかしいって、気付けるだけでも大したもんだ。」
「過分なお言葉です」

「男を見る目はないけどね。」

いちいちうるせー。
# | 2008/10/17 00:37 | 未分類 | |
■ 旋回クリティカル
2008年10月14日 (火) 編集 |
長い待機時間に9巻を読み終えてしまって、
家に帰るまでおあずけになった大河小説。

睡魔が訪れるまでの数十分、毎日の日課であり、唯一安息を得られる時間。
続きばかりを気にしてお風呂に入って歯を磨いて、
さあ、いざ。10巻をば!

Image054.jpg

読み出したら止まらないとはこのことね。


Image055.jpg

無論背表紙のチェックも忘れない。



Image056.jpg

お茶々はどうなるのかしら~


Image057.jpg

・・・え?


Image058.jpg

え???


えええぇぇぇっっぇええええ!!!!??Σ('A`)


ないわー・・・
# | 2008/10/14 22:44 | 未分類 | |
■ 極東クローバー
2008年10月13日 (月) 編集 |
世の中には解せない不可思議が山とある。

両親がJR遊ばした関係で、
実はあたしの名字は戸籍上、椎名ではない。
でも格好いいから名乗ってる。別に問題はない。

物凄く高等な、あたしにしかわからない冗句だと思いたかった。
十数年ぶりに、手紙を認めた。
だけどポストを拝む前に、
それを打ち消す本気(マジ)を突き付けられてしまった。
正直、どうしたらいいのかわからない。
禅問答なのか、それとも???

いまだに物資を調達してくれる母の心遣いを感謝しながら、
その愛情の生まれる所以を探ってみる。

和解を。

何事も無かったかのように横浜を歩く。

もうすぐ連勤が終わる。
あと何日、と数えるのすら止めてしまったけれど。
# | 2008/10/13 21:28 | 未分類 | |
■ 自失ターミナル
2008年10月11日 (土) 編集 |
16時に最終!?

20時過ぎにのけぞった。
10日間に及ぶ撮影で、体力、気力共に限界を超えた。
無性に甘いものが食べたくて、納品途中に居眠り噛ます始末。

今日ばっかりは。
これは霧じゃない。雨だ。
と自分を甘やかしてバスに乗り込む。
帰りは地下鉄でもよかったのだけど、
バスの方が幾らか安上がりだからって。

それにしても16時に発射済みの最終バス、
確実に住民をなめくさってる。
明日から、雨でも雹でも雷でも竜巻でも、
ぜったいに自転車で行ってやる。

睡眠不足なんて論外よ。
# | 2008/10/11 21:40 | 未分類 | |
■ 長生カレンダー
2008年10月03日 (金) 編集 |
ゆうべ眠れなかった所為で、一日中身体が熱かった。
無類のジャケット好きのあたしは、
こんなに良い風が吹くようになる前から秋を先取りしてる。
見かけ倒しの素肌は湯気が立つほど汗掻いてる。

道端に、整然と植えられた街路樹は、己を殺して立っているという。
まるでエリートのそいつらをいっぽん、にほん、数えながら、
近所のampmが再開発で立ち退いたことを知る。

「ここね、昔、apがあったんだよ。」
自慢げに後輩らしき男性に教える中年サラリーマン。
つい、こないだまであったやん・・・

週始めは暇で、撮影は夕方にすでに終わってしまっていた。
川沿いの芝生に座って好きな音楽を聴く。
ひとはひとりでは生きられない、と最初に言い出した奴はバカだと思った。
けど、もしそうだとしたら、たぶんもうすぐ世界は終わる。

ゆうべろくすっぽ眠ってもいないのに、無性に走りたかった。
賞味8キロ、すごいタイムを記録した。吐きそう。

明日で世界が終わると言われても、きっとあたしのすることは今日と変わらない。
詰まらない妄想を打ち消す芋焼酎を買って来た。

# | 2008/10/03 22:06 | 未分類 | |
■ キープレフト原則
2008年10月02日 (木) 編集 |
ぜったいに立ち止まらないが信条の足を止めるもの。
自然の営み、その薫香。
もう何度書いたか知れない。
好きなもの。赤と、白と、マイケルと、金木犀。

おくりびと とゆう映画を観てきた。
コーラと、てんこもりのキャラメルポップコーンで。
「死ね」と他人を罵る仕様の無い人のことを思い出した。
非常にこころ洗われる良い映画だったけれど、
残念ながらやっぱしあたしは広末涼子の演技が好きじゃない。

長い休みが続いた。
やるべきことはとにかく全部終わらせた。
初めて自分の写真が公になった。当然、嬉しくもなる。
だけど自分で成したことよりも、そこにあるもの、
唐突に五感を突き抜けて行く東京タワーや秋の馨の方が、遥かに感情を波立たせる。
たぶん塩分が足りないからだ。

思うよりもずっと果敢無く散ってしまうもの、少しでも長く知っていたい。
だから明日から、いつもよりも早起きをしよう。
# | 2008/10/02 00:00 | 未分類 | |
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。